2021年度 新作五月人形

今年も「ふらここオリジナル」のかわいい五月人形が仲間入りしました。
皆さまにご紹介いたします。

その1. 大きな瞳のにっこり笑顔に癒される新作大将飾は ”収納箱タイプ”

優しく穏やかなお顔と、被った兜に男の子らしい勇ましさも感じる大将飾。 兜は名匠・総州 英凛(そうしゅう えいりん)氏によってしつらえられました。手持ちの干支のお面はお好きな動物をお選びいただけます。

すべてを一つにまとめられる収納箱の飾り台は、どんなお部屋にも飾りやすい、ナチュラル色で仕上げました。
新緑を思わせる爽やかな和紙屏風が、お節句を明るく彩ります。蓋のみを置いて平飾りにすることもでき、様々な飾り方をお楽しみいただけます。

その2. 優しく微笑む純真無垢な男の子の五月人形!

鯉のぼりで無邪気に遊ぶ元気いっぱいな男の子。天高く泳ぐ鯉のぼりは"飛躍"の象徴です。わが子の幸せを願う親の想いを込めました。 兜は名匠・総州 英凛(そうしゅう えいりん)氏の手によって精緻な細工が施されています。

家型のアクリルケースは、温もりのある木目で仕上でコンパクトに収納できる組み立て式。 ペットのいるご家庭でも安心です。背景に描かれた魔よけの虎は、伝説の聖獣である白虎。 お子様の健やかな成長を見守るお守りとして描きました。

その3. 今も多くのファンに愛される、牛若丸のふらここ大将飾

手に持つ扇を高く掲げ、弁慶の襲撃からひらりと身をかわすと返り討ちにし、 彼を仲間に従えた牛若丸。その勇猛で快闊な人柄は今日まで逸話や童謡が残されています。 そんな牛若丸の幼き姿をイメージし、愛らしくも元気いっぱいなポーズを取るふらここオリジナルの五月人形です。

お屏風の和紙には月を見て楽しそうに飛び跳ねるうさぎたちが描かれ、とても幻想的です。 白木調の飾り台は温もりと清潔感があり、お住まいを選ばず上品にお飾りいただけます。

その4."決断力"と"才知"の象徴、虎の装飾を施した美しい兜飾り

お屏風と飾り台には、華麗な紅白梅の蒔絵を丹念に描きました。 梅は、寒い冬を越え早春にいち早く花を咲かすことから"生命力"や"成就"の象徴。健やかな成長を願う親の想いを込めた美しい兜飾りです。 コンパクトサイズだから飾り場所や収納スペースを気にせず、毎年楽しくお飾りいただけます。

強さや勇気をイメージする「虎」は、古来より"決断力"と"才知"の象徴。この虎の絵柄を、兜の鍬形には透かし彫り、吹返しには彫金に装飾しました。
正絹の縅糸(おどしいと)は、琥珀色とロイヤルブルーの高貴な色目です。