2020年10月5日

雛人形

役目を終えた雛人形の処分方法って?雛人形の供養方法3つ

娘さんが大きくなったあと、雛人形をどう処分すればいいのか悩まれる方も多いのではないでしょうか。「人形だと、譲るのも捨てるのも気が引ける…」とお悩みの方におすすめしたいのは、雛人形を供養することです。供養にも方法はさまざまあり、神社やお寺などでお焚き上げをしてもらう方法もあれば、供養キットを使って自宅で供養する方法もあります。この記事では、雛人形を供養する理由や供養の方法をご紹介します。

 

雛人形が役割を終えたとき、捨てるのではなく供養してあげよう

雛人形には、女の子が元気に育つようその子の身代わりになって「厄を引き受ける」という役目があります。お子さんが病気やケガをしないよう、毎年身代わりとして見守ってくれた雛人形を、役目を終えたからと言って捨てるのは忍びないと感じる方もいるかもしれません。

とはいえ、厄を引き受けた状態の雛人形を他の子に譲るのは望ましくありません。一般的にお子さんが大きくなったタイミングで手放す雛人形ですが、どのような方法で手放すのが望ましいといえるのでしょうか。

雛人形は、「身代わり」という意味合いから「お守り」に似ています。お守りを手放すときは神社でお焚き上げをしてもらうように、雛人形を手放す際も、単に捨てるのではなく供養してもらうのがよいとされています。では、具体的になぜ供養してあげるとよいのか、以下でみていきましょう。

 

雛人形を供養してあげるのは何故?

「供養」とは、尊敬や感謝の念を仏や菩薩などに対して示すことで、食べ物やお花などのお供えものをしたりお経を読んだりすることで行われます。特に日本では人に対してだけではなく、思い入れの強いものに対しても、「お世話になりました」と感謝の念を込めた儀式を行うことがあります。

雛人形の供養の場合も、このように「子どもの厄災を引き受けてくれてありがとう」という感謝の気持ちを伝えることが目的です。したがって、供養の時期は成人後など、子どもが無事成長し終わった頃に行うとよいでしょう。

 

雛人形の供養の方法を知ろう

では、具体的に供養はどのように行うのでしょうか。ここでは、大きく分けて3つの方法をご紹介します。

1:神社やお寺で行う場合

神社やお寺に依頼し、供養してもらう方法です。全ての寺社で行っているわけではないので、事前に供養を行っているかHP等で確認してから依頼しましょう。

費用の相場は3,000~10,000円程度です。雛人形の大きさや供養の方法(特別に1ヶ月毎日供養するなど)でも値段が変わってきます。特に供養料が設定されておらず「お気持ちで」という場合もありますが、基本的には3,000~10,000円程度用意しておくとよいでしょう。

依頼方法は、大きく分けて「持ち込み」と「郵送」の2種類です。受付時間内に寺社に直接雛人形を持ち込むか、宅急便等で寺社に送ります。どちらでも供養の方法に変わりはないので、状況に応じて便利な方法を選ぶとよいでしょう。ただし、いずれも事前連絡が必要なことがあるので、手順をしっかりと確認しておく必要があります。雛人形が寺社に届いたら、あとはお坊さんや宮司さんが読経やお焚き上げをして、供養してくれます。

郵送やお焚き上げの関係で、ガラスケースに入った雛人形は、追加料金がプラスされたり受け付けてもらえなかったりする場合も多いので注意が必要です。お焚き上げの際に残ってしまわないよう、金属などの燃えないパーツは事前に外して依頼するとより安心です。

【人形供養で有名な寺社】

・長福寿寺

持ち主の「感謝の気持ち」をしっかりお人形に伝えることを大事にしている寺院です。3ヶ月もの間、真心を込めて読経供養され、「日本唯一の人形専用の火葬炉」でお焚き上げをしてくれます。丁寧で心のこもった供養が人気で、HPには利用者からの手紙も掲載されています。持ち込み・郵送のいずれも対応可能です。

住所:〒297-0121 千葉県長生郡長南町長南969

電話番号:0475-46-1837

供養料:10,000円(一式)

    (※七段飾りについては2万円)

HP:https://ningyoukuyou.jp/

2:一般社団法人日本人形協会に依頼する場合

一般社団法人 日本人形協会は、日本の伝統的な工芸品や産業の振興を目指して活動している団体です。活動の一環として、雛人形を含むさまざまなお人形の供養「人形感謝(供養)代行サービス」を行っています。

費用は1箱5,000円で、その他に郵送の際のゆうパック料金がかかります。電話またはWebサイトから申し込むと、「ひとがた札」「お人形送り専用ラベル」「手続きについての説明書」「代金振込票」の入った「お人形差出キット」が送付されます。規定サイズの箱を用意して梱包・郵送し、付属の代金振込票で代金を支払うと手続きは終了です。送料は集荷の際に、供養料は1週間以内に郵便局で支払います。お人形は毎年10月頃に行われる東京大神宮の「人形感謝祭」で供養され、11月初旬頃に供養済のお知らせが郵便はがきにて届きます。

・一般社団法人 日本人形協会

住所:〒111-0052  東京都台東区柳橋2-1-9 東京卸商センター内

電話番号:0120-25-5942

供養料:5,000円(1箱)

HP:https://www.ningyo-kyokai.or.jp/kuyou/

3:自宅で供養する場合

自宅で供養する場合は、最終的に雛人形を可燃ごみまたは粗大ごみとして処分することになります。処分の際、供養の意味で「これまで子どもを守ってくれたことへの感謝」を心の中で伝えつつ、作業するとよいでしょう。

雛人形をいつどのように処分すればよいのか、可燃ごみ・粗大ごみのどちらにあたるのかは、お住まいの自治体によって異なります。事前にHPなどで確認しておきましょう。可燃ごみとして処分する場合は、金属などの不燃パーツは外して分別する必要があります。

より丁寧に供養したい場合は、白い和紙に雛人形を乗せて上からお清めの塩を振り、感謝の気持ちを持ってお見送りするのがおすすめです。また、下記のような供養キットを利用する方法もあります。

【自宅供養向けのキットを扱う寺社】

・結城諏訪神社

自宅で供養をするために作られた「もの供養キット」。人形はもちろん、大きくて郵送できないものの供養も可能です。

費用は3,000円で、電話かWebサイトから申し込み代金を振り込むと、形代(かたしろ)・絵馬・清め塩等の入った「もの供養キット」が送られてきます。キットに沿って自宅で供養を行い、形代や絵馬などを返送すると、それらを神社で供養・お焚き上げしてくれます。

雛人形は自宅で処分することになりますが、神社側でも形代や絵馬を供養してくれるので、「人形は送れないけれどしっかり供養したい」という方におすすめです。

住所:〒307-0021 茨城県結城市上山川161

電話番号:0296-35-6007

供養料:3,000円(1体)

HP:http://www.suwa-jinja.jp/monokito

供養で感謝の気持ちを伝え、しっかりとお見送りを

雛人形は「身代わりとしてお子さんの厄を引き受ける」という役目を持っていることから、処分の際は供養することをおすすめします。供養の方法は大きく分けて「神社やお寺で行う場合」「一般社団法人日本人形協会に依頼する場合」「自宅で供養する場合」の3パターンがあるので、ご家庭の状況に合わせて選ぶとよいでしょう。お子さんの成長を見守ってくれた雛人形には、しっかり供養することで感謝の気持ちを伝え、お見送りしてあげましょう。

 


This entry was posted in 雛人形 by ふらここスタッフD. Bookmark the permalink.